刀 

無銘 陸軍3式軍刀

室町後期 関  拵入り   18万円

刃長65.6cm 反り1.4cm 元重0.63cm 元幅2.97cm 先重0.38cm 先幅1.7cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃に小互の目交じり、二重刃喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。湯走りかかり、小足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、杢交じり肌立ち詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。陸軍3式軍刀拵入り。

追加画像(3式軍刀)へのリンク

 

無銘(会津兼友)   お買い得品!

江戸後期 陸奥 貴重刀剣  白鞘、拵付   28万円

刃長65.5cm 反り1.3cm 元重0.7cm 元幅3.08cm 先重0.57cm 先幅2.04cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。会津藩士。会津の名工、五鍛冶の一人

会津兼友会津兼友、拵

追加画像(会津兼友)へのリンク

 

北越住昭久   新潟の名工

現代刀 新潟  拵入   36万円

刃長68.9cm 反り1.8cm 元重0.7cm 元幅3.18cm 先重0.6cm 先幅2.1cm 重さ1080g

本造り庵棟、うぶ茎。 丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。飛び焼きかかり、足入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景入り淡く映り立つ。本名は山上重次、栗原昭秀門。陸軍受命刀工、後に笠間一貫斎繁継に学ぶ。刃長二尺二寸七分(定寸)。

山上昭久山上昭久、拵

追加画像(山上昭久)へのリンク

 

無銘(末波平)   大和伝の代表工   お買い得品!

室町後期 薩摩 保存刀剣  白鞘、拵付   38万円

刃長67.5cm 反り1.2cm 元重0.65cm 元幅2.86cm 先重0.45cm 先幅1.98cm

本造り庵棟、磨上茎。 直調子に小互の目乱れ、喰い違い刃交じりほつれる。匂い口フックラと小沸つく。湯走り飛び焼きかかり、小足、葉盛んに働く。細かな金筋、砂流し頻りにかかり明るく冴える。板目肌、綾杉風の肌交じりやや肌立ちごころに詰む。地沸厚くつき、細かな地景入り映り立つ。波平一派、戦国時代の作。

 

末波平末波平

追加画像(波平)へのリンク

 

筑州住宗重     宗勉の兄弟弟子

現代刀 福岡 拵入り   43万円

刃長70.2cm 反り2.0cm 元重0.65cm 元幅3.25cm 先重0.5cm 先幅2.38cm 重さ1130g

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、浅く湾れて小互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足よく入り葉働く。刃中に金筋、沸筋かかり、砂流しかかり明るく冴える。柾目肌、杢交じりよく詰む。地沸厚くつき、地景顕われ淡く映り立つ。宗勉の兄弟弟子。刃長二尺三寸一分、平成八年作。刃味優れる。

宗重宗重、拵

追加画像(宗重)へのリンク

 

源 盛縄   金剛兵衛一門

室町後期 筑前 保存刀剣  白鞘、拵付   45万円

刃長64.6cm 反り1.6cm 元重0.72cm 元幅2.68cm 先重0.42cm 先幅1.9cm

本造り庵棟、磨り上茎。 直調子、浅く湾れて小互の目交じる。匂いやや深く、小沸よくつく。小足葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しよくかかり、明るく冴える。板目肌、柾がかり練れ詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。金剛兵衛盛高の門、入念な幕末の打刀拵付き。

 

追加画像(源盛縄)へのリンク

 

寛造 (慶雲直弘)  備中青江写し

現代刀 埼玉 白鞘   48万円

刃長71.5cm 反り2.0cm 元重0.76cm 元幅3.3cm 先重0.55cm 先幅2.24cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、やや逆がかり華やか。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走り飛び焼きかかり、小足、葉盛んに働く。刃中に金筋かかり、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。慶雲直弘、平成五年作。本名、小島寛。直胤門人、直弘の五代目。

 

寛造

追加画像(寛造)へのリンク

 

肥前國住人源守俊  地鉄古調にして精美!

江戸前期 肥前 藤代鑑定  白鞘、拵付   58万円

刃長75.1cm 反り0.9cm 元重0.73cm 元幅3.08cm 先重0.52cm 先幅1.94cm

本造り庵棟、うぶ茎(僅か区送り)。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じり刃縁ややほつれる。匂い口フックラとく小沸よくつく。小足盛んに入り葉働く。僅かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。杢目肌、柾交じりよく錬れよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ映り立つ。肥前刀、長寸。

 

守俊守俊、拵

追加画像(守俊)へのリンク

 

信濃大掾藤原忠國  業物

江戸中期 因幡 保存刀剣  白鞘、拵付   58万円

刃長68.2cm 反り1.2cm 元重0.56cm 元幅2.75cm 先重0.39cm 先幅1.77cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに小互の目交じり、やや逆がかる。匂いやや深く小沸よくつく。湯走りかかり、足入り葉働く。細かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。出羽大掾国路の門、初代忠国の子。二代忠国、業物。

 

忠国忠国、拵

追加画像(信濃大掾忠国)へのリンク

 

筑後住國光   二代小宮四郎國光

現代刀 福岡  拵入り   75万円

刃長72.8cm 反り1.50cm 元重0.65cm 元幅3.24cm 先重0.48cm 先幅2.42cm 重さ1025g

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、尖り心の刃交じる。匂いやや深く、小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。刃中に金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。初代國光門。刃長二尺四寸、平成十三年作。刃味優れる。

追加画像(筑後住國光)へのリンク

 

池田一秀入道龍軒  水心子正秀の高弟、庄内藩工

江戸後期 出羽  特別保存刀剣  白鞘、拵付    78万円

刃長69.2cm 反り1.3cm 元重0.65cm 元幅2.95cm 先重0.5cm 先幅2.1cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、僅かに湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、小足葉働く。僅かに金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。水心子正秀の高弟、庄内藩工。気品ある直刃出来。

 

池田一秀池田一秀、拵

追加画像(池田一秀)へのリンク

 

新保基平   宮入一門の入念作

現代刀 新潟  白鞘   85万円

刃長75.2cm 反り1.8cm 元重0.75cm 元幅3.51cm 先重0.58cm 先幅2.85cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、飛び焼き交じり焼き高く華やか。匂いやや深く、沸よくつく。湯走りかかり、足よく入り葉働く。刃中に金筋頻りにかかり沸筋となる。砂流しかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。宮入行平の弟子。

 

新保基平

追加画像(新保基平)へのリンク

 

肥前國近江守忠吉   六代忠吉

江戸中期 肥前 特別保存刀剣  白鞘、拵付   115万円

刃長68.4cm 反り1.96cm 元重0.75cm 元幅3.0cm 先重0.45cm 先幅2.02cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じり喰い違い刃交じる。匂いやや深く、小沸よくつく。小足、葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。橋本新左衛門。五代忠吉次男、六代目肥前國忠吉。

 

近江守忠吉近江守忠吉、拵

追加画像(近江守忠吉)へのリンク

 

肥後守国康  中河内の弟、拳形丁子華やか

江戸前期 摂津 特別保存刀剣  白鞘、拵付   155万円

刃長69.4cm 反り0.8cm 元重0.6cm 元幅3.05cm 先重0.45cm 先幅2.04cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、拳形の丁子交じり飛び焼きかかる。匂い口、フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足盛んに入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。初代河内守三男。新刀上作、大業物。

 

肥後守国康肥後守国康

追加画像(肥後守国康)へのリンク

 

武蔵住國武   勤皇刀、豪壮!

江戸後期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘、拵付   165万円

刃長76.9cm 反り1.0cm 元重0.9cm 元幅3.54cm 先重0.65cm 先幅2.35cm

本造り庵棟、うぶ茎。 太直刃、二重刃交じり喰い違い刃交じり、小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、小足葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。柾目肌よく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景入り淡く映り立つ。堀川國広の系統、大和大掾青龍子國武か。金唐皮の薩摩拵え付き。

 

追加画像(武蔵住國武)へのリンク

 

奥和泉守忠重   幕末志士の愛刀!

江戸前期 薩摩 特別保存刀剣  白鞘、拵付   175万円

刃長78.3cm 反り1.6cm 元重1.02cm 元幅3.41cm 先重0.6cm 先幅2.23cm

本造り三ッ棟、うぶ茎。 湾れに小互の目交じり、小丁子交じる。匂い深く小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、小足入り葉働く。細かな金筋、砂流し頻りにかかり、明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。表裏に薙刀樋の彫刻。奥忠清三男、越前守助広の弟子。新刀上作、良業物。二尺五寸八分の豪刀、木下嘉久次の愛刀。「図録 薩摩の刀と鐔」(福永酔剣著)所載刀。幕末の薩摩拵え付。

 

奥和泉守忠重奥和泉守忠重、薩摩拵

追加画像(奥和泉守忠重)へのリンク

 

肥州国吉作   同田貫又八、勇壮な大太刀

室町後期 肥後 保存刀剣  白鞘、拵付   175万円

刃長75cm 反り2.18cm 元重0.76cm 元幅3.8cm 先重0.53cm 先幅3.1cm

本造り庵棟 うぶ茎。 湾れに互の目、小乱れ交じる。匂いやや深く、よく沸づく。湯走りかかり、沸足、葉よく働く。細かに金筋砂流しよくかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景入り白気映り立つ。同田貫又八同人、加藤清正公抱え鍛冶。豪壮、出来良し。

 

肥州国吉肥州国吉

追加画像(国吉)へのリンク

 

上野大掾藤原祐定  新刀祐定一の名工!

江戸前期 備前 特別保存刀剣  白鞘   195万円

刃長69.6cm 反り1.6cm 元重0.73cm 元幅3.09cm 先重0.54cm 先幅2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 腰開きの互の目丁子乱れ、尖り状の刃交じり飛び焼きかかる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足入り葉盛んに働く。細かな金筋、砂流しよくかかり、明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。横山上野大掾祐定、良業物。

 

横山祐定

追加画像(上野大掾祐定)へのリンク

 

河内守国助   中河内、初代国助伝の名刀!    

江戸前期 摂津 特別保存刀剣  白鞘   230万円

刃長71cm 反り0.9cm 元重0.76cm 元幅3.3cm 先重0.48cm 先幅2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 太直調子に湾れて、小丁子、小互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足盛んに入り葉働き、細かな金筋刃縁にかかる。砂流しかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。二代河内守国助、業物。別名、新刀一文字。本阿弥光遜の鞘書あり。

 

河内守国助

追加画像(中河内)へのリンク

 

大和大掾正則  健全無比、出来見事!

江戸前期 越前 特別保存刀剣  白鞘   280万円

刃長76.3cm 反り1.36cm 元重0.76cm 元幅3.15cm 先重0.45cm 先幅1.95cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れに尖状の刃交じる。匂い深く小沸よくつく。湯走りかかり、足よく入り葉働く。刃中に金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。表に凡字、裏に独鈷付剣の彫刻。越前関一派の代表工。

 

大和大掾正則

追加画像(大和大掾正則)へのリンク

 

備前介宗次  剛健無比、地鉄見事!

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘   320万円

刃長70.9cm 反り1.21cm 元重0.75cm 元幅3.23cm 先重0.53cm 先幅2.36cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じり、焼き高く馬の歯状となり華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、細かな金筋刃中にかかる。砂流しよくかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景盛んに入り淡く沸映り立つ。固山宗次、慶應元年作。桑名藩工、新々刀上々作。

 

備前介宗次

追加画像(備前介宗次)へのリンク

 

城慶子正明

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘、拵付   350万円

刃長71.4cm 反り1.2cm 元重0.73cm 元幅3.13cm 先重0.55cm 先幅2.26cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、大房の丁子交じり飛び焼き交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足よく入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかる。匂い口、明るくよく冴える。杢目肌に板目交じりよく詰み、肌物状にやや肌立つ。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。細川正義の高弟、作州津山藩士。

 

城慶子正明城慶子正明、拵

追加画像(城慶子正明)へのリンク

 

石堂運寿是一  新々刀大鑑所載、傑作!

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘   390万円

刃長69.9cm 反り1.5cm 元重0.72cm 元幅3.14cm 先重0.55cm 先幅2.18cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、浅く湾れて小乱れ交じる。匂い口、フックラと小沸よくつく。飛び焼きかかり、匂い足入り、葉働く。刃縁に細かな金筋頻りに絡み、砂流しかかり明るく冴える。小杢目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。長運斎綱俊の甥、七代目石堂是一。徳川家御用鍛冶、新々刀上々作。慶應四年の作品。

 

運寿是一

追加画像(運寿是一)へのリンク

 

長船七朗衛門尉祐定    刀工辞典所載!

室町後期 備前  特別保存刀剣  白鞘   450万円

刃長64.8cm 反り1.51cm 元重0.73cm 元幅3.1cm 先重0.53cm 先幅2.21cm

本造り庵棟、区送り。 直刃丁子乱れ、小互の目交じる。匂い口よく締まり、小沸よくつく。湯走りかかり、匂い足盛んに入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり、匂い口明るくよく冴える。小板目に杢交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。末備前有数の名工、七朗衛門尉祐定。日本刀工辞典所載。

 

追加画像(七朗衛門尉祐定)へのリンク

 

戻る

テンプレートのpondt