商品詳細

備前國住長船源兵衛尉祐定作 天正四年丙与八月吉日

特別注文品である俗名入りの末備前の名刀、源兵衛尉祐定の短刀です。源兵衛尉祐定は与三左衛門尉の子と言われて元亀、天正頃に活躍し、末備前中でも与三左衛門尉に次ぐ名工です。本刀はまさに与三左衛門尉祐定を思わせる丁子刃の作です。姿は鎧通し風の重ねが厚く、鋭い姿に簡素な彫刻が栄え、刃中に匂い足、葉が働き、刃はまさにフックラとして見事です。拵は上品な合口拵です。

室町後期 備前 保存刀剣 白鞘、拵付  320万円

刃長22.4cm 反り0.0cm 重ね0.73cm 元幅2.08cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時