商品詳細

越後守包貞 (坂倉言之進照包)

越後守包貞の二代目である名工、坂倉言之進照包の脇差です。包貞は奈良、手掻一派の流れをくむ文殊一派の棟梁です。中でも二代目包貞は大阪新刀を代表する名工であり、その技量は越前守助広に匹敵する程の完成度を誇ります。
本刀はその中でも広直刃の出来で、肥前刀のように美しく綺麗な地鉄とまことに深々と冴えわたった匂い口が見事です。新刀を代表するような優作です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
51.8cm 1.4cm 0.7cm 3.2cm 0.53cm 2.23cm

江戸前期 摂津 特別保存刀剣 75万円

toushi012
toushi113
nakago015
nakago116
habaki5
toushi23

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時