商品詳細

和泉守国貞(井上真改)

二代和泉守國貞(井上真改)の初期の傑作です。二代国貞は初代国貞に入門し、その後、養子となって二代目を継ぎ、寛文十二年八月には井上真改と改銘しています。江戸の虎徹に対して大阪の真改、助広と並び称された名工です。この刀は初代の出来を継承しながら二代独特の作風を現わして覇気があり、匂が深々としてよりいっそう沸づき、匂口が見事に明るく冴えるといった、真改国貞の代表的な一振となっております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.6cm 1.4cm 0.66cm 3.18cm 0.47cm 2.1cm

江戸前期 摂津 重要刀剣 お問い合わせ下さい

shinkai1
shinkai2
shinkai3
shinkai4
shinkai5
shinkai6
shinkai7
shinkai8
kunisada
kunisada01
kunisada02

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時