商品詳細

近江守法城寺橘正弘

 江戸新刀の雄、法城寺正弘の豪壮な刀です。正弘は法城寺一派の頭領で、虎徹に匹敵する江戸新刀を代表する名工です。その作風は同じく江戸新刀である虎徹と近似しており、交流もあったと言われます。本刀は地鉄はよく詰んだ綺麗な地鉄で、刃紋は小足と金筋、砂流しが見事に働いた互の目乱れの刃紋です。さらに金筋が長く入り稲妻となる他、刃中に数え切れない働きが見え、覇気に溢れます。同作中でも地刃共に整い、刃中の働きが深々と見事に働いている華やかな出来であり、まさに虎徹の傑作と見紛う名作です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
76.7cm 1.36cm 0.70cm 3.23cm 0.56cm 2.10cm

江戸前期 武蔵 重要刀剣  白鞘 580万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時