商品詳細

越之前州住兼植

越之前州住兼植とある、越前兼植の変わり銘の作品です。越前兼植は、江戸時代初期の名工で、後には江戸でも作刀しています。本工も当時の名工達と同じく、各地の武将達の求めに応じて作刀していたと言われております。特徴は肌はザングリとして地沸が強めで匂い口は深く明るく冴えて、まるで康継や堀川物を鑑るようです。戦国時代の古刀の遺風を残り、一戦あるやも知れんと時勢に臨んだ慶長、元和の武将の腰刀に相応しい寸延び短刀です。拵えは、古色蒼然とした江戸末期の江戸肥後小刀拵えです。

安土桃山 越前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 58万円

刃長33cm 反り0.6cm 重ね0.6cm 元幅3cm

kanetane1
kanetane2
kanetane3
kanetane4
kanetane5
kanetane6
kanetane7
kanetane8
150225-0003
kanetane11

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時