商品詳細

勝吉(千子)

千子正重の門、村正の後継者である初代勝吉の寸延び短刀です。ふくらが枯れた千子一派の姿で室町末期の腰刀の姿をしていま す。鍛えは板目に小杢交じりで詰み、肌に地景が絡み強い地沸がついて力強く、師の正重同様の地肌です。即ち、姿、中心、刃紋等にも千子一派の特徴が強く現われており、まるで村正を鑑るかの様です。作風はもちろん中心仕立てやヤスリ等も似ています。拵えは幕末の物であり、実用性の高さが窺える一品です。

 

安土桃山 伊勢 保存刀剣 白鞘、拵付 68万円

刃長36.4cm 反り0.6cm 重ね0.71cm 元幅3.1cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時