商品詳細

播磨大掾藤原清光(加州清光)

播磨大掾清光の脇差です。本工は加州清光一派中の一番の名工です。清光一派は室町時代から始まり、美濃伝に大和伝を具備した作風が特徴です。越中清光は戦国時代に加賀 から越中に移住してきた吉右衛門清光が祖であって、二代目の与兵衛清光は富山に移り、さらに三代目の重清は江戸に出て和泉守兼重の門人となり、その次の四代目が播磨大掾清光です。本工も加州清光一派と同族なので、「清」の字の右側を十二月のように切っており、加州清光と同じく「十二月清光」と称される刀工です。

なお有名な非人清光は、同族の中でも加賀に残った一族で、俗名を金沢住長兵衛藤原清光といい、非人小屋で作刀したと言われております。加州、越中とも清光一派は古来から斬れ味に定評があり、無名ながら多くの武士に支持されました。

本工の作風はバランスの良い姿で鎬高く、棟の重が薄くなる大和伝の造り込みで、地肌は小杢目肌が美しく練れて鉄が冴えています。刃紋は古風な直刃がすっきりとしており、小乱れが交じり刃中もよく働いています。総じて、末古刀風の出来口、姿であって片手打ちの遺風を残しております。よく鍛えられており、斬れ味が優れるのも頷けます。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
53.3cm 0.2cm 0.67cm 3.0cm 0.43cm 1.8cm

江戸前期 加賀 特別保存刀剣  白鞘 45万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時