商品詳細

石堂運寿是一精鍛之 慶應二二年二月日

幕末の備前伝の名工、運寿是一の刀です。是一は長運斎綱俊の甥にあたり、備前伝の名跡である江戸石堂家の養子となり石堂を名乗っています。当時の江戸きっての人気鍛冶で、多くの有力鍛冶が競って門下となりました。本刀は頃合な身幅に殊に姿が美しく、地刃が健全で互の目丁子が冴える見事な作刀です。また、本刀は新々刀大鑑に所載されております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.9cm 1.50cm 0.72cm 3.14cm 0.55cm 2.18cm

江戸末期 武蔵 特別保存刀剣  白鞘 350万円

korekazu1
korekazu2
korekazu3
korekazu4
korekazu5
korekazu6
korekazu7
korekazu8
korekazu9
korekazu10

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時