商品詳細

無銘(國包)

伊達正宗の抱え鍛冶一派、仙台國包の脇指です。 國包一派は大和国保昌一派の子孫で、伊達家に抱えられ江戸時代を通じて繁栄した一派です。作刀は先祖の保昌の写し等など大和伝の作刀を得意としております。本刀は姿やヤスリ等から二代の作刀と思われ、初代國包の後代にあたる作です。なお初代はほぼ直刃の作のみであり、二代は互の目が交じる作風となるのが特徴です。國包一門は多くの作刀が無銘にされて保昌や手掻などに極められており、在銘品は稀です。

本刀のこの姿は古作の写しとも思われるすっきりとした頃合いの造り込みで、末備前の様にやや鎬の肉が削ってある利刀造りであり、よりいっそうの鋭さを感じます。作風は緻密な柾目肌が美しく、小模様の柔らかい働きを持った湾れ刃が冴えています。拵えは幕末に作らた特注品で、金具に金や象牙を使うなど贅沢で優雅な拵です。且つ、鞘を塗り直すなど大事に伝来されたことが分かります。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
48.8cm 1.0cm 0.7cm 2.86cm 0.42cm 2.02cm

江戸前期 陸奥  特別貴重刀剣  拵入り 22万円

kunikane1
kunikane2
kunikane3
kunikane4
kunikane5
kunikane6
kunikane7
kunikane8
kunikane10
kunikane11
kunikane12
kunikane13
kunikane14
kunikane15
kunikane20
kunikane21

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時