商品詳細

上野大掾藤原祐定 備州長船住人

新刀期の備前伝の代表工、横山上野大掾祐定の刀です。本工は七兵衛尉祐定の子で寛文頃の上野大掾祐定であり、新刀祐定の中心的刀工です。末備前の祐定(藤四郎)の孫の代であり、その作風は備前伝を作って上手であり、与三左衛門尉祐定を思わせます。この刀の作風は本工が最も得意とした腰開きの相互の目丁子刃であり、匂い口がまことにフックラとして冴え、とても出来がよく華やかです。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.6cm 1.60cm 0.73cm 3.09cm 0.54cm 2.00cm

江戸前期 備前 特別保存刀剣  白鞘 195万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時