商品詳細

筑後住國光作 平成十二年十二月日 (二代小宮四郎国光)

昭和の大業物といわれた小宮四郎国光の子、二代国光の刀です。本名は小宮早陽光、福岡県大牟田市在住です。初代の門であり、初代同様にその作刀はよく物斬れするといわれて、切味にも定評があります。

本刀は身幅が広めで長寸で迫力があり、肌は小板目に杢が交じりよく詰んでいます。刃紋は互の目乱れに丁子刃が交じって、備前伝風の腰開きの刃紋で刃はフックラとします。拵えは特注の誂えで、柄の下地は紅く塗られ、柄巻は茶の皮で巻かれています。さらに拵えの状態もすこぶる良好で、出来とあいまって鑑賞にあつい他、手持ちに優れるので居合刀としてもお勧めできる刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
74.6cm 1.6cm 0.73cm 3.29cm 0.5cm 2.34cm

現代刀 福岡  拵入り 65万円

kunimitu1
kunimitu2
kunimitu3
kunimitu4
kunimitu5
kunimitu6
kunimitu7
kunimitu8
kunimitu9
kunimitu10
kunimitu11
kunimitu12
kunimitu13
kunimitu14
kunimitu15
kunimitu16

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時