商品詳細

武蔵太郎安國 真十五枚甲伏作

大村加トの門人、武蔵太郎安國の脇指です。安国は下原広重の子で、江戸に出て加卜の弟子となっております。武蔵国下原一門の代表工であり、徳川吉宗公の上覧鍛冶を務めました。作風は下原の影響が強く、作風は美濃伝でタナゴ腹風の中心仕立なども特徴的です。武蔵太郎の名をもって名高く、真十五枚甲伏作と誇らしげに切銘しており、とても人気の高い一品です。
本刀はやや強い地鉄に、刃紋は湾れ刃が沸づき刃中がよく働いています。かつては実用性の高さを誇り、利刀として優れた江戸新刀の代表的な刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
51.8cm 1.70cm 0.60cm 3.05cm 0.52cm 2.57cm

江戸中期 武蔵  特別保存刀剣  白鞘  68万円

yasukuni1
yasukuni2
yasukuni3
yasukuni4
yasukuni5
yasukuni6
yasukuni7
yasukuni8

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時