商品詳細

於南紀重國造之 二筒 内藤蔵人伊

 新刀最上作、南紀重國の名刀です。重國は本国は大和、手掻の末流で駿河文殊と呼ばれた包國の子です。徳川家康公の為に鍛刀し、後には紀州頼宣に従い和歌山に移住しました。新刀を代表する最上作の名工で、古作と見える程の品位の高い名刀を残しています。

 本刀は本工が最も得意とする直調子の出来で、出来口もまるで来国光を見るかのような出来映えであり、重國の代表作です。なお中心裏にある二筒とは裁断銘であり、二ツ胴のことです。内藤蔵人はその際の切り手の名にあたります。また、さらに本刀にはとても気品のある拵えが付属しております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.1cm 2.12cm 0.71cm 3.19cm 0.58cm 2.26cm

安土桃山 紀伊 特別保存刀剣  白鞘、拵付 490万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時