商品詳細

於南紀重國造之

 新刀最上作、南紀重國の短刀です。重國は本国は大和、手掻の末流で駿河文殊と呼ばれた包國の子です。徳川家康公の為に鍛刀し、後には紀州頼宣に従い和歌山に移住しました。新刀を代表する最上作の名工で、古作と見える程の品位の高い名刀を残しています。

 本刀は本工が最も得意とする直調子の出来で、出来口もまるで来一門を見るかのような出来です。さらに骨喰藤四郎の彫物に倣ったとも思われる素晴らしい彫刻が彫ってあります。南紀重國の短刀の代表作といえます。

安土桃山 紀伊  特別保存刀剣 白鞘 320万円

刃長30.9cm 反り0.0cm 重ね0.52cm 元幅3.08cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時