商品詳細

無銘(直江志津)

豪壮な大切先が特徴的な直江志津の脇差です。美濃国志津の地に、大和国より正宗十哲の一人とされる兼氏が移住して活躍しました。その後に兼氏の門人である兼友、兼次、兼重、兼信まどはさらに美濃国の直江の地に移住して作刀したため、その一門の刀工達を総称して直江志津一派と呼んでいます。本作は南北朝の相伝上位である直江志津の典型的な作品です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
45.6cm 0.8cm 0.7cm 3.2cm 0.6cm 2.9cm

南北朝 美濃 特別保存刀剣 白鞘 105万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週火曜、水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時