商品詳細

寛造 昭和五十九年四月吉日(慶雲直弘)

 埼玉の刀工である慶雲直弘、本名は小島寛氏によって造られた刀です。慶雲は直胤門人の初代直弘から数えて五代目の刀工にあたります。本刀は重ねが厚い上に、一寸を優に超えた身幅がある、豪快な迫力がある刀です。作風は刃紋が逆がかった互の目丁子が華やかで、備中青江の太刀を彷彿とさせます。総じて作刀当初の古名刀の特徴をよく捉えており、中心仕立ても入念且つ丁寧である為、相当な特別注文品であったと分かります。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.5cm 2.00cm 0.76cm 3.30cm 0.55cm 2.24cm

現代刀 埼玉 白鞘 45万円

naohiro1
naohiro2
naohiro3
naohiro4
naohiro5
naohiro6
naohiro7
naohiro8

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時