商品詳細

赤間直信 明治三年八月日  羽州福浦以砂鉄作之

加藤綱英の門であった赤間綱信の子、赤間直信の短刀です。父の加藤一派の作刀を修めた後、さらに月山貞吉のもとで学んでおります。作風は月山一門らしく、綾杉肌の作などがあって古作の写し物に巧みです。また備前伝の技量にも優れ、作刀にムラがありません。作刀が稀で貴重な作刀であります。
この短刀は刃紋はすっきりとした直刃が美しく、末備前を狙ったような作で姿もバランスに優れています。その他、地鉄の鍛えが精良で、小板目肌がよく詰んでいます。銘文は草書で闊達に切られており、堂々と作刀を誇っている特注の短刀です。

幕末  出羽  保存刀剣  白鞘、拵付 38万円

刃長24.5cm 反り ナシ 重ね0.7cm 元幅2.66cm

naonobu1
naonobu2
naonobu3
naonobu4
naonobu5
naonobu6
naonobu7
naonobu8
naonobu15
naonobu9
naonobu10
naonobu11
naonobu12
naonobu13
naonobu14

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時