商品詳細

濃州関住兼門

昭和初期に作られた、関の兼門の刀です。作風は関の典型的な三本杉の刃紋で、実用の迫力を感じます。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.1cm 1.6cm 0.66cm 3cm 0.5cm 2.08cm

昭和初期 岐阜  拵入り 18万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時