商品詳細

尾崎源五右衛門助隆 寛政八年二月日

新々刀大阪鍛冶の雄、助隆の脇差です。見事な涛乱刃を焼いた新々刀を代表する名工です。

刃長 反り 元重
40.5cm 0.6cm 0.63cm

江戸後期 摂津 特別保存刀剣 白鞘、拵付 68万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時