商品詳細

藤田東作朗繁榮    寛政十一年五月日

新々刀を代表する涛乱刃の名工である手柄山正繁の弟、繁榮(栄)の脇指です。作風は堂々たる姿に見事な涛乱刃を焼いており、その出来口は正繁に並びます。冴え冴えとした刃は匂い深く、ムラがない高い技量を示しています。まさに日本刀の華、涛乱の見所が端的に顕された名刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.6cm 0.9cm 0.68cm 3.1cm 0.5cm 2.3cm

江戸後期 丹波 特別保存刀剣 白鞘 68万円

shigehide1
shigehide2
shigehide3
shigehide4
shigehide5
shigehide6
shigehide7
shigehide8
shigehide9

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時