商品詳細

摂津住藤原助廣

最上大業物として有名な名工、初代助広の貴重な刀です。銘に「ソボロ」と添銘したものもあり、通称「ソボロ助広」と呼ばれて大いに人気を博しております。播磨国津田(姫路市)の生まれといい、末備前の後継者である石堂系であった初代国助の門にして、一文字ような見事な映りが美しい作刀を誇る名工です。有名な刀の中でも斬れ味でもって知られた刀です。末備前と同様に片手打ちの寸法が多く、特別重要刀剣であっても二尺前後の長さです。まことに姿は力強く、刃中の働きが盛んで地鉄にはまことに美しい映りが顕われています。一文字を彷彿とさせる刃紋に乱れ映りも立って、まさに備前一文字に範をとったそぼろ助広の傑作刀といえます。新刀最上作である二代助広の独特の刃文である濤乱刃も、この焼き入れの技術をもって初めて造ることができたと考えられております。歴史に残る名刀をこの御機会に是非ご覧下さい。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.3cm 1.4cm 0.72cm 3.29cm 0.52cm 2.1cm

江戸前期 摂津 特別保存刀剣  白鞘 450万円

soborosukehiro1
soborosukehiro2
soborosukehiro3
soborosukehiro4
soborosukehiro5
soborosukehiro6
soborosukehiro7
soborosukehiro8

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時