商品詳細

元興入道松軒作  文久二年八月日

幕末、会津藩のお抱え鍛冶として有名な二代目、角元興の作です。通称、松軒(しょうけん)元興とも言われている幕末の名工です。初代の元興は江戸中期の寛政年間に薩摩の名工として名高い、奥大和守元平に師事しており、会津藩主より刀鍛冶棟梁の称号を賜っております。なお初代が師事した奥元平は、相州上位の作(正宗、貞宗、等)を再現して後世「薩州の巨匠」と称された名工であり、その技術は秘伝として秘匿されておりましたが、会津藩主が薩摩藩主に願い出たことで伝授が実現したそうです。さらに初代は初期の頃、銘を「秀國」と切っておりましたが、元平は弟子入りした初代を大層気に入ったそうで、元平の「元」の字を贈り「元興」と名乗らせております。しかし幕末の二代目の時代では、藩どうしが戦うという、悲劇の歴史を歩んでいます。なお、二代目元興も初代の技術を見事に受け継いで、会津の刀工のなかでも特に技量が優れており、幕末の会津藩主、松平容保のお気に入り刀工としても知られております。当時の評価では十一代兼定より、評価が高かったと言われております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.8cm 1.7cm 0.82cm 3.24cm 0.54cm 1.92cm

江戸後期  陸奥  特別保存刀剣 白鞘、拵付き 220万円

motomoki1
motomoki2
motomoki3
motomoki4
motomoki5
motomoki6
motomoki7
motomoki8
motomoki9
motomoki10
motomoki11
motomoki12
motomoki13
motomoki14
motomoki15

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時