商品詳細

山城初代丹波守吉道

新刀の雄、初代丹波の刀です。関の名工、大兼道が文禄二年二月に息子四人を伴い京に上って家康公の為に作刀して、三品派の祖となりました。丹波守吉道は三男であり、長男は伊賀守金道、次男は和泉守金道、四男は越中守正俊と、この四人は名工揃いであり、その後は三品派だけでなく新刀の中心的刀工として名工の中の名工として知られます。

初代丹波は文禄四年に丹波守を受領し、所謂「帆掛丹波」と呼ばれ「丹」の字が右下が りに傾き、帆に風をはらんだような銘振りが古雅で、特に初代は本刀のように「守」と「吉」の縦画が接近していることが掟とされます。当時は堀川一門より名工とされ、相州上位作を狙って、南北朝スタイルである身幅が広く豪壮な、慶長新刀として人気です。地鉄は綺麗な杢目肌に、ややザングリとした強い地鉄も顕われます。刃紋は湾れに動きのある互の目が交じり、沸本位の乱れに小沸が包まれ上品な中にも覇気があります。刃中に砂流しが頻りと掛かり、後代のような単純な簾刃とはならず、働きが豊富な古調な出来で見事です。匂い口は柔らかに深く冴え、古刀の雰囲気があって気品のある中にも鋭い迫力を感じさせます。高名なわりに作刀が希少で、さらに本刀のような傑作はまことに見事です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
68.5cm 1.21cm 0.71cm 3.21cm 0.58cm 2.44cm

江戸初期 山城 特別保存刀剣  白鞘 480万円

syodaitanba1
syodaitanba2
syodaitanba3
syodaitanba4
syodaitanba5
syodaitanba6
syodaitanba7
syodaitanba8
syodaitanba9

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時