商品詳細

竹中邦彦作 嘉永二年八月

竹中邦彦は但馬の生まれで、江戸に出て浜部一派の見龍子寿幸に入門し、初銘は国光、または国虎と名乗ります。
その後、黒船来航時の老中首座であり、安政の改革を行った福山藩の藩主、阿部正弘に抱えられ、福山藩の藩工となりました。
本作は幕府のトップ、老中の抱え鍛冶として入念作が多いという邦彦の作のなかでも、草書銘であることから充実していた時期であることがわかります。作風は湾れに品の良い互の目を焼いた、品の良い作で、左一門などの古作を意識した作域です。

江戸後期 備後 保存刀剣 白鞘 拵付 28万円

刃長27cm 無反り 重ね0.77cm 元幅2.7cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時