商品詳細

備中國呰部住河野理兵衛尉為家

備中国水田一派は豪族三村氏や戦国武将の毛利、宇喜多などの求めに応じて、古青江為次の子孫が阿賀郡水田村(現在の岡山県真庭市)を中心として後月郡荏原村や呰部郡松山村などで活躍しております。その後、戦国時代末期から元禄時代では江戸、大阪などに60名以上の鍛冶を輩出して繁栄しております。一門中では「池田鬼神丸国重」なども有名です。
本国備中では大月派を代表する国重一門と、河野派の頭領である為家一門の両派があり、為家は水田村の隣地、呰部に拠を構えたため、「新刀初代為家」と称し、同銘が明治まで十二代にわたって繁栄し、通称「呰部水田」とも言われております。ちなみに本作為家の作者は、河野氏であり、俗名を理兵衛と称して、高名である大月大与五国重の弟にあたります。また、脇指の作に「備中国呰部住河野理兵衛尉為家(花押)水田住山城大掾源国重 寛永十八年二月吉日」の合作があります。(「日本刀辞典 新刀編」より抜粋)

なお国重一門の作風はアラ沸本位の大乱れと棟焼が特徴的であり、所謂、古名作の郷義弘を狙ったとされるに比して、為家一門は家伝である古名作、青江一派を思わせる作風を得意としております。その作風は、広直刃に湾れを交え、また棟焼がある作品が多いといいます。中心の特徴としては国重一門の茎は極端な片山であるのに比して、為家一派は剣形となる点にも違いがあります。まさに本作はこの一派が得意とする古作写しにみられる長巻直し造りであり、身幅が広く豪壮で、鎬筋は品よく高く重ねも厚い造りです。350年以上の時を経ながらも健全で、ずっしりとした健全な姿が残されております。まさに理兵衛為家の典型的な優作であり、時代の拵も付属している、すべてが揃った逸品です。

室町後期 備中 特別保存刀剣 白鞘、拵付き 75万円

刃長38.5cm 反り1.0cm 重ね 0.82cm 元幅3.26cm

tameie1
tameie2
tameie3
tameie4
tameie5
tameie6
tameie7
tameie8
tameie9
tameie10
tameie11
tameie12
tameie13

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時