商品詳細

龍図鍔 南蛮

南蛮鍔は江戸初期に平戸の金工が始めたと言われ、長崎でも造られるようになりました。鉄鐔で、そのほとんどが丸鐔で、唐草、竜などの精緻な透かし彫りが綺麗で、さらに金、銀の布目象眼が施されております。初期のものは欧州風の意匠が多いですが、後には本作のような龍などを象った中華風の物が多くなっております。

江戸中期 無銘 南蛮 箱入り 2万5千円

縦6.7cm 横6.1cm 切羽台厚み0.5cm 大きさ2.9cm

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時