商品詳細

田子駿河守正弘   慶應二年八月日

二本松藩士、田子駿河守正弘の短刀です。正弘は水心子正秀の弟子であり、号を直心子と名乗っています。作風は同門の大慶直胤の影響が多く見られ、中心仕立てやヤスリ等の他に銘字などもよく似ています。水心子正秀の門人ですが、実際の作刀指導は高弟の大慶直胤が面倒を見たと思われます。

本刀は地景が小模様に働いた強い地鉄に、刃紋は沸づき冴えた小互の目乱れであってさらに金筋がよく働いています。総じて、新々刀を代表する水心子一門が得意とした相伝備前を狙った作風であると言えます。また、拵えは幕末当時の物であり、入念で且つ時代を感じさせる造りです。水心子門下の出来の良い短刀を御覧下さい。

江戸末期 陸奥 保存刀剣 白鞘、拵付  45万円

刃長33.3cm 反り0.75cm 重ね0.75cm 元幅3cm

masahiro1
masahiro2
masahiro3
masahiro4
masahiro5
masahiro6
masahiro7
masahiro8
masahiro9
masahiro10
masahiro11
masahiro12
masahiro13
masahiro14

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時