商品詳細

備中守橘康広  菊紋

備中守橘康広の古作一文字に見紛う、見事な脇差です。
康広は生国を紀州といい、土佐将監為康の次男です。父の為康は紀州石堂派の祖であり、康広は大阪石堂の祖と称されています。紀州、大阪石堂派は共に紀州徳川家など大名の求めにより、一文字写しを最も得意とした一派です。本作は重ね厚めで身幅広い大脇差の姿が勇壮です。作風は特徴的な直ぐの焼き出しがあって、本刃は足、葉が頻りに働いた一文字風の丁子乱が華やかに焼かれています。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
52.4cm 1.0cm 0.73cm 3.23cm 0.48cm 2.15cm

特別保存刀剣 摂津 白鞘 75万円

yasuhiro1
yasuhiro2
yasuhiro3
yasuhiro4
yasuhiro5
yasuhiro6
yasuhiro7
yasuhiro8

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時