商品詳細

備州長船康光   応永廿八年三月日

応永備前の代表工、康光の刀です。応永備前の代表刀工の一人で、盛光と並ぶ名工です。小太刀姿の特注作で、古長船に見紛う、直刃丁子乱れの見事な出来です。地肌は応永杢と呼ばれる杢目が美しく、はばき元から鮮明な映りが顕われています。刃紋は小丁子、小乱れなど素晴らしい直刃で、細かで見事な働きがあり、匂い口はまことにフックラとしてとても柔らかい見事なものです。まさにその作風は景光を思わせるものです。さらに本刀には、最上位の格式に則った素晴らしい半太刀拵がついており、内外共に当時の高級武士の為の指料として相応しい作りになっております。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
60.0cm 1.66cm 0.56cm 2.75cm 0.32cm 1.6cm

室町前期 備前 特別保存刀剣、刀装具  白鞘、拵付 380万円

yasumitu1
yasumitu2
yasumitu3
yasumitu4
yasumitu5
yasumitu6
yasumitu7
yasumitu8
yasumitu9
yasumitu10
yasumitu11
yasumitu12
yasumitu13
yasumitu14
yasumitu20
yasumitu17

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時