商品詳細

波平安周

日本刀を代表する名門の一つである波平の五十九代目、波平本家である安周の刀です。五十八代安休の子で、通称四朗左衛門といい、島津家の抱え鍛冶です。平安時代から続く名跡であり、薩摩刀を代表する名工の一人です。なお安周は大和守安行の孫にあたり、(嫡家)坂ノ上の波平と言われて、安張の後を継ぐ波平の棟梁とされております。

本刀の作風は新刀中でも沸が最も強く勢いがあると言われる薩摩刀に相応しく烈しく華やかであります。殊に本刀は正清にも見紛う抜群の鍛えで、また焼き刃も見事にまとまって同作中秀抜の作と言えます。殊に伝来が良く、中心には美しい桧垣ヤスリを見ることができます。総じて得意の志津写しを狙い、なおさらに烈しい覇気が顕われた優品です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.2cm 1.1cm 0.75cm 3.3cm 0.51cm 2.1cm

江戸中期 薩摩 特別保存刀剣  白鞘 145万円

yasutika1
yasutika2
yasutika3
yasutika4
yasutika5
yasutika6
yasutika7
yasutika8
yasutika9

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時