商品詳細

大和守藤原宣貞 豊州小倉住

 有力な戦国武将である細川忠興公所用鍛冶であった大和守宣貞の十文字槍です。豊前国小倉藩で作刀された素晴らしい出来で且つ、実戦を生き抜く力強さを感じます。作風は美しい地鉄が顕われて、刃は明るく鋭く冴えた出来を楽しめます。刃縁に細かい金筋が頻りにかかり覇気があり、肌はよく詰んで綺麗です。また銘鑑にある銘の作であり、大名家伝来の特別な作品であると思われます。

安土桃山 豊前 保存刀剣 白鞘 75万円 

刃長22cm 反りナシ 中心重ね1.1cm(ケラ首1.5cm)
元幅2.7cm(重ね1cm) 最大幅16cm(重ね0.87cm) 先幅2.5cm(重ね0.7cm)

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時