刀剣一覧


月山貞吉の門

赤間直信 明治三年八月日  羽州福浦以砂鉄作之

詳細

幕末  出羽  保存刀剣  白鞘、拵付 35万円

刃長24.5cm 反り ナシ 重ね0.7cm 元幅2.66cm

平造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じり僅かにほつれる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足入り、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。帽子は掃き掛ける。赤間綱信の子、月山貞吉の門。小刀拵付き。

戦前の名工!

源秀明作大正十四年五月  應 松原周道氏需

詳細

大正時代 北海道 保存刀剣 白鞘 38万円

刃長22.7cm 反り0.0cm 重ね0.63cm 元幅2.47cm

平造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、逆がかり逆丁子となる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足よく入り葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌に柾交じり、よく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ映り立つ。堀井胤明の門、堀井秀明。

肥後國住赤松太郎兼嗣兼裕合作 平成二十七年初春

詳細

現代 熊本 白鞘 拵付き 58万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.6cm 2cm 0.7cm 3.3cm 0.5cm 2.47cm

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕れ淡く映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。
木村兼定。馨。父木村兼重の門。熊本伝統工芸に指定。黒呂変塗鞘打刀拵付き。

両刃造り

八十三翁川井久幸作   慶應四年二月

詳細

江戸末期 武蔵  保存刀剣 白鞘、拵付  48万円

刃長23.1cm 反り0.0cm 重ね0.66cm 元幅2.75cm

両刃造り、うぶ茎。 直調子、僅かに湾れてややほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。細かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。水心子正秀の高弟、細川正義の弟子。幕臣、川井久幸。

無銘(岩捲)

詳細

室町後期 美濃  白鞘 拵付き 68万円

刃長 反り 元重
70.3cmcm 1.3cmcm 0.75cmcm

本造り庵棟 磨上茎 小板目肌、杢交じりやや肌立ち心によく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く白気調の映り立つ。刃紋は湾れに互の目、尖り刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。湯走りかかり、匂い足入り、葉働く。金筋、砂流しかかり、明るくよく冴える。表裏に棒樋の彫刻。濃州清水住。黒呂雲模様塗鞘太刀拵付き。(保存刀剣)

隅谷正峯の高弟、無鑑査

相模國弘邦造 末松英治淬刃之 平成六年十二月六日

詳細

現代刀 神奈川  無鑑査  白鞘 35万円

刃長32.2cm 反り0.4cm 元重0.56cm 元幅3.15cm

平造り三ツ棟、うぶ茎。 広直刃、僅かに湾れて小乱れ交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。足よく入り葉働く。僅かに金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。広木弘邦。隅谷正峯の高弟、無鑑査。平成六年の作品。

宮入昭平の実弟、大切先見事!

信濃国住宮入清平作之 昭和巳酉年八月吉日

詳細

現代刀 長野  白鞘 75万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
76.0cm 2.80cm 0.78cm 3.38cm 0.55cm 2.53cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、湾れて丁子、尖り状の刃交じる。匂い深く、小沸よくつく。匂い足入り葉よく働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕よく入り沸映り立つ。宮入清平、後に清宗と改銘。優秀賞他、受賞多数。

宮入行平の高弟

基平造   昭和五十六年二月日

詳細

現代刀 新潟  白鞘 拵付 85万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.4cm 2.7cm 0.77cm 3.25cm 0.59cm 2.2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目、丁子交じる。匂いやや深く、小沸よくつく。足盛んに入り葉働く。刃中に細かな金筋頻りにかかり沸筋となる。砂流しかかり、匂い口明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く沸映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。宮入行平の弟子。

直胤の弟子、沸匂見事!

藤原直継於近江國湖東造之 明治三午年五月吉日

詳細

幕末 江戸 特別保存刀剣  白鞘、拵付 95万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.7cm 0.90cm 0.76cm 3.20cm 0.55cm 2.18cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じり、二重刃かかる。匂い深くよく沸づく。足太く盛んに入り葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく冴える。柾目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。直胤の門。講武所風の打刀拵え付き。

備州長船祐定作 永禄二年十二月日

詳細

室町後期 備前  白鞘 拵付き 110万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.7cm 2.7cm 0.8cm 3.24cm 0.51cm 2.15cm

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く乱れ映り立つ。刃紋は小互の目、肩落ち互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。