刀剣一覧


新刀 上々作、大業物

越後守包貞 (坂倉言之進照包)

詳細

江戸前期 摂津 特別保存刀剣 75万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
51.8cm 1.4cm 0.7cm 3.2cm 0.53cm 2.23cm

本造り庵棟 うぶ茎 広直調子、湾れに小互の目交じり喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。小足、葉盛んに働き、金筋、砂流しよくかかる。匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く乱れ映り立つ。二代包貞。坂倉言之進照包同人。新刀 上々作、大業物。

華麗なる涛乱

藤田東作朗繁榮    寛政十一年五月日

詳細

江戸後期 丹波 特別保存刀剣 白鞘 68万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
54.6cm 0.9cm 0.68cm 3.1cm 0.5cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じり、丁子交じり濤乱刃となる。匂い深く、小沸よくつく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口明るく見事に冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り沸映り立つ。手柄山正繁の弟、丹波篠山住陸奥大掾繁栄。

会津の名工

元興入道松軒作  文久二年八月日

詳細

江戸後期  陸奥  特別保存刀剣 白鞘、拵付き 220万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70.8cm 1.7cm 0.82cm 3.24cm 0.54cm 1.92cm

本造り庵棟、うぶ茎。 小互の目乱れ、丁子交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足入り葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く映り立つ。会津の名工。

健全無比、彫刻見事!

大和大掾藤原正則

詳細

江戸前期 越前 特別保存刀剣  白鞘 250万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
76.3cm 1.36cm 0.76cm 3.15cm 0.45cm 1.95cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れに尖状の刃交じる。匂い深く小沸よくつく。湯走りかかり、足よく入り葉働く。刃中に金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。表に凡字、裏に独鈷付剣の彫刻。越前関一派の代表工。

慶長新刀の名工、拵え美麗

越之前州住兼植

詳細

安土桃山 越前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 58万円

刃長33cm 反り0.6cm 重ね0.6cm 元幅3cm

平造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、浅く湾れて小乱れ交じり喰い違い刃交じる。匂い深く、小沸よくつき、足入り葉働く。金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌に杢交じり、ややザングリと肌立ちよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景入り白気映り立つ。身幅が広い寸延び短刀。越前兼植、新刀中上作。良業物。

大野義光 相伝備前の傑作!

義光作之 昭和五十四年二月吉日 應○○家重代需

詳細

現代刀 東京 無鑑査  白鞘 90万円

刃長25cm 反り0.2cm 重ね0.64cm 元幅2.54cm

本造り庵棟、うぶ茎。湾れに互の目、小乱れ交じる。匂い口やや深く小沸よくつく。小足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌に杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り鉄冴える。大野義光、無鑑査。

美しい柾目鍛え

天龍子正隆(花押)明治二年八月日

詳細

江戸末期 摂津  特別保存刀剣 白鞘、拵付 98万円

刃長27.0cm 反り0.0cm 重ね0.85cm 元幅2.83cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、浅く湾れて小乱れ交じり二重刃交じりほつれる。匂い口フックラと小沸よくつく。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。柾目肌、よく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景入り淡く映り立つ。尾崎助隆の孫、千種有功卿の相手鍛冶。大和伝の快心作。

織田信長公の抱え鍛冶

若狭守氏房   天正二年八月日

詳細

安土桃山 美濃 特別保存刀剣  白鞘、拵付 105万円

長さ31.4cm 反り 0.3cm 重ね 0.53cm

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。
刃紋は互の目丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足葉働く。
刃中に金筋よくかかり、砂流しかかり匂い口明るく冴える。初銘兼房、初代氏房。黒呂青貝散塗鞘小刀拵付き。

古名作!

宇多國宗

詳細

南北朝  加賀  特別保存刀剣 125万円

刃長30cm 反り ナシ 重ね0.64cm 元幅2.73cm

平造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、金筋よく絡み打ちの毛かかり、砂流し頻りにかかる。匂いやや深くよく沸づく。板目肌、杢交じり、地鉄よく練れる。地沸微塵に厚くつく、地景顕われ、地刃共によく冴える。表に梵字、裏に護摩箸の彫刻。宇多國宗。

新刀最上作、彫物見事!

於南紀重國造之

詳細

安土桃山 紀伊  特別保存刀剣 白鞘 320万円

刃長30.9cm 反り0.0cm 重ね0.52cm 元幅3.08cm

片平造り庵棟、うぶ茎。 中直刃に小乱れ交じり、二重刃、喰い違い刃交じりほつれる。匂い深く小沸よくつく。刃縁に細かな金筋よく絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、杢交じりよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り淡く映り立つ。初代南紀重國、徳川家康公抱え鍛冶。新刀最上作、慶長新刀の代表者。骨喰藤四郎を目指した快心作。