刀装具一覧

1 / 3123

同田貫宗廣  お買い得品!

延壽宗廣造

詳細

enjyumunehiro5

江戸後期 肥後 白鞘入り 6万円

全長20cm 刃長12.2cm  重ね0.25cm 元幅1.23cm

小刀造り平棟 うぶ茎。 互の目乱れに小乱れ交じる。細かな金筋、砂流し頻りにかかり、匂い深く冴える。小板目肌に杢交じり詰む。同田貫宗廣、延寿の末。

茘枝図笄 無銘 古金工

詳細

kougai7

室町時代初期 48回重要刀装具 長さ23.2cm 肩幅1.3cm 180万円

笄 山銅魚子地、高彫、据文、鍍金色絵。応永頃、足利家所用。現存品で最も古い、最初期の笄。

古金工  松図

詳細

matuzu1

全長cm  幅cm 5万円

安土桃山 山城

無銘、古金工 赤銅魚子地 高彫。小柄のみ。

珍品!

鍔 伊豆住江川

詳細

egawa1

江戸後期 無銘 箱入り 参考品

縦7.97cm 横7.89cm 切羽台厚み0.53cm 大きさ3.9cm

在銘、竪丸形。 鉄地、両櫃孔。象嵌入り。

南蛮鍔

詳細

nanban5

江戸中期 肥前 無銘 南蛮 箱入り 1万5千円

縦6.6cm 横6cm 切羽台厚み0.55cm 大きさ2.5cm

無銘、南蛮。入木瓜形の鉄地鍔。雲上の双龍図、小肉彫。

水戸鍔

詳細

mitotuba5

江戸後期  無銘  水戸 箱入り 2万5千円

縦6.8cm 横6.5cm 切羽台厚み0.5cm 大きさ2.8cm

水戸鍔は、徳川御三家の一つ水戸藩の金工による作品です。正阿弥一派の流れをくむと言われ、中でも江戸後期には多くの金工が活躍し、様々な種類の地金に見事な技術を使った入念な作品を多く見ます。明治に活躍した海野勝珉なども水戸金工 […]

筍の図

詳細

takenoko2

江戸後期 箱入り 2.5万円

左 幅3.36cm 高さ1.3cm  右 幅3.36cm 高さ1.3cm

無銘。銀地に容彫り。筍の図。

龍図鍔 南蛮

詳細

150114-0001

江戸中期 無銘 南蛮 箱入り 2万5千円

縦6.7cm 横6.1cm 切羽台厚み0.5cm 大きさ2.9cm

南蛮鍔は江戸初期に平戸の金工が始めたと言われ、長崎でも造られるようになりました。鉄鐔で、そのほとんどが丸鐔で、唐草、竜などの精緻な透かし彫りが綺麗で、さらに金、銀の布目象眼が施されております。初期のものは欧州風の意匠が多 […]

鍔  江府住常壽

詳細

tunetoshi5

江戸後期 武蔵 武州鍔 箱入り 2万8千円

縦7.5cm 横7.1cm 切羽台厚み0.52cm 大きさ2.7cm

在銘、丸形。 鉄磨地、片櫃孔。

古金工 蓬莱の実図

詳細

kokinkou1

安土桃山 山城 15万円

全長21.6cm 小柄長9.6cm 幅0.9cm

無銘、古金工 赤銅魚子地 高彫 金うっとり色絵図。穂先は珍しい真鍮製。

1 / 3123