刀装具一覧


古金工 蓬莱の実図

詳細

安土桃山 山城 15万円

全長21.6cm 小柄長9.6cm 幅0.9cm

無銘、古金工 赤銅魚子地 高彫 金うっとり色絵図。穂先は珍しい真鍮製。

沢蟹図鍔

詳細

江戸後期 無銘 箱入り  3万5千円

縦7.19cm 横7.02cm 切羽台厚み0.52cm 大きさ3.8cm

無銘、丸形の鉄地鍔。沢蟹の図、肉彫と象嵌の装飾。両櫃孔。出来良し。

古金工  魚貝図

詳細

安土桃山 山城 10万円

全長23.5cm  幅 上部1.4cm 中部1.2cm 下部0.6cm

無銘、古金工。山銅地、容彫り、金色絵。魚貝の図。

鍔 会津正阿弥

詳細

江戸後期 無銘 会津正阿弥  箱入り 5万円

縦8.6cm 横7.8cm  切羽台厚み0.5cm 大きさ2.8cm

無銘、会津正阿弥。撫角形の鉄地鍔、鋤出高い彫り。色絵と金象嵌によって彩られる重厚な板鍔。

美濃鍔

詳細

江戸中期  箱入り 5万円

縦6.59cm 横5.87cm 切羽台厚み0.43cm 大きさ3.8cm

無銘、堅丸形。素銅に容彫と象嵌。両櫃孔、覆輪付き。

唐人物図鍔  藻柄子宗典

詳細

江戸中期  無銘 藻柄子宗典 箱入り 7万5千円

縦7.0cm 横7.5cm 切羽台厚み0.42cm 大きさ2.8cm

藻柄子宗典の板鍔です。藻柄子宗典は近江国、ひいては江戸中期を代表する金工です。作風は立体的な彫りに、華やかな象嵌を駆使した独特な手法を得意とし、近江彫とも呼ばれます。その濃密な彫りは製作当時はもちろん、今日においても高い […]

竹に抱茗荷雁金透鍔 赤坂

詳細

江戸中期 無銘 赤坂 保存刀装具 箱入り 7万8千円

縦7.4cm 横7.2cm 切羽台厚み0.64cm 大きさ2.8cm

赤坂鐔は、家康公の江戸入城に伴い、寛永年間に金工が山城国京都より江戸に移住し、赤坂に住したためこの名がついております。作風はまさに尾張鐔の力強い出来に京透かしの優美さを併せたデザインに、さらに鉄味も優れていたことから大い […]

後藤家の九代

程乗  休息人物図

詳細

江戸前期 加賀 保存刀装具 箱入り 18万円

各 幅約2.8cm  高さ約1.5cm

無銘、程乗の作。赤銅地に容彫りに金と銀の色絵。休息人物の図。

伝 常重   蝦蟇鉄拐図

詳細

江戸中期 江戸 保存刀装具 箱入り 23万円

各 幅約3.3cm  高さ約1.5cm

無銘、伝 常重の作。金無垢地に容彫り。蝦蟇鉄拐の図。

堅木鞘入り

千里昭久 小柄

詳細

栗原昭秀の門。陸軍受命刀工、新潟の名工。 7万円

刃長 元重 元幅
13.4cm 0.28cm 1.31cm

小刀造り平棟 うぶ茎。 湾れに互の目交じる。金筋、砂流しかかり、匂い口やや深く冴える。小板目肌に柾交じり詰む。陸軍受命刀工。