刀装具一覧


樹に猿の図

詳細

江戸後期 無銘 箱入り 8万円

縦7.87cm 横7.77cm 切羽台厚み0.55cm 大きさ4cm

無銘、丸形。鉄地に肉彫の彫刻。両櫃孔、耳は丸耳で小肉つく。

桐紋散らし図鍔

詳細

江戸前期  無銘 赤銅魚子地 箱入り 8万円

縦5.8cm 横4.6cm 切羽台厚み0.55cm 大きさ2.5cm

家紋入りの特注品の鍔です。魚子地が整然と並び、しっとりとした黒色で品格の高さが窺える一品です。かつては、殿上差しなど格式の高い拵えに使われた逸品です。

松樹猛禽透鍔  政一作

詳細

江戸後期  浜野一派 保存刀装具 箱入り 10万円

縦7.2cm 横6.7cm 切羽台厚み0.6cm 大きさ4cm

堅丸形 真鍮地に肉彫、地透しの彫刻。耳は角耳で小肉つく。政一作。

雁金透阿弥陀鑢金網文鍔 伊予正阿弥

詳細

江戸前期  無銘 保存刀装具 箱入り 12万円

縦8.4cm 横8.3cm 切羽台厚み0.46cm 大きさ2.8cm

本作は正阿弥の一派の作で且つ、伊予国で作られた伊予正阿弥の作です。正阿弥一派は室町末期の京で始まり、初期のものは古正阿弥と称される他、伊予、阿 波、会津など各地に分派が生じ、鉄地に金象眼や色絵を施した作品が多いです。 本 […]

輪宝透菊花図鍔 古金工

詳細

室町後期 山城 保存刀装具 箱入り 15万円

縦6.4cm 横6.0cm 切羽台厚み0.42cm 大きさ4.02cm

輪宝が鍔に据えられた見事な鍔です。輪宝の図は刀装具としても最初期の図柄であり、それが赤銅の位ある鍔とあわさった貴重な作品です。(無銘。菊花形、赤銅魚子地。鋤出彫りと肉彫りの透かしの彫刻。金色絵の装飾に耳は丸形。)

柾目出来

榎本竜義 共柄

詳細

月山貞勝の高弟、榎本貞吉の子。静岡県三島市住。 8万円

刃長 元重 元幅
14.8cm 0.37cm 1.63cm

小刀造り平庵 うぶ茎。太直刃、浅く湾れる。金筋、砂流し頻りにかかり、匂い口深く冴える。柾目肌よく詰む。榎本貞吉の子。