鍔一覧

1 / 212

珍品!

鍔 伊豆住江川

詳細

egawa1

江戸後期 無銘 箱入り 参考品

縦7.97cm 横7.89cm 切羽台厚み0.53cm 大きさ3.9cm

在銘、竪丸形。 鉄地、両櫃孔。象嵌入り。

南蛮鍔

詳細

nanban5

江戸中期 肥前 無銘 南蛮 箱入り 1万5千円

縦6.6cm 横6cm 切羽台厚み0.55cm 大きさ2.5cm

無銘、南蛮。入木瓜形の鉄地鍔。雲上の双龍図、小肉彫。

水戸鍔

詳細

mitotuba5

江戸後期  無銘  水戸 箱入り 2万5千円

縦6.8cm 横6.5cm 切羽台厚み0.5cm 大きさ2.8cm

水戸鍔は、徳川御三家の一つ水戸藩の金工による作品です。正阿弥一派の流れをくむと言われ、中でも江戸後期には多くの金工が活躍し、様々な種類の地金に見事な技術を使った入念な作品を多く見ます。明治に活躍した海野勝珉なども水戸金工 […]

龍図鍔 南蛮

詳細

150114-0001

江戸中期 無銘 南蛮 箱入り 2万5千円

縦6.7cm 横6.1cm 切羽台厚み0.5cm 大きさ2.9cm

南蛮鍔は江戸初期に平戸の金工が始めたと言われ、長崎でも造られるようになりました。鉄鐔で、そのほとんどが丸鐔で、唐草、竜などの精緻な透かし彫りが綺麗で、さらに金、銀の布目象眼が施されております。初期のものは欧州風の意匠が多 […]

鍔  江府住常壽

詳細

tunetoshi5

江戸後期 武蔵 武州鍔 箱入り 2万8千円

縦7.5cm 横7.1cm 切羽台厚み0.52cm 大きさ2.7cm

在銘、丸形。 鉄磨地、片櫃孔。

沢蟹図鍔

詳細

kanizutuba

江戸後期 無銘 箱入り  3万5千円

縦7.19cm 横7.02cm 切羽台厚み0.52cm 大きさ3.8cm

無銘、丸形の鉄地鍔。沢蟹の図、肉彫と象嵌の装飾。両櫃孔。出来良し。

鍔 会津正阿弥

詳細

aizusyouami3

江戸後期 無銘 会津正阿弥  箱入り 5万円

縦8.6cm 横7.8cm  切羽台厚み0.5cm 大きさ2.8cm

無銘、会津正阿弥。撫角形の鉄地鍔、鋤出高い彫り。色絵と金象嵌によって彩られる重厚な板鍔。

美濃鍔

詳細

minotuba

江戸中期  箱入り 5万円

縦6.59cm 横5.87cm 切羽台厚み0.43cm 大きさ3.8cm

無銘、堅丸形。素銅に容彫と象嵌。両櫃孔、覆輪付き。

唐人物図鍔  藻柄子宗典

詳細

150224-0008

江戸中期  無銘 藻柄子宗典 箱入り 7万5千円

縦7.0cm 横7.5cm 切羽台厚み0.42cm 大きさ2.8cm

藻柄子宗典の板鍔です。藻柄子宗典は近江国、ひいては江戸中期を代表する金工です。作風は立体的な彫りに、華やかな象嵌を駆使した独特な手法を得意とし、近江彫とも呼ばれます。その濃密な彫りは製作当時はもちろん、今日においても高い […]

竹に抱茗荷雁金透鍔 赤坂

詳細

150224-0005

江戸中期 無銘 赤坂 保存刀装具 箱入り 7万8千円

縦7.4cm 横7.2cm 切羽台厚み0.64cm 大きさ2.8cm

赤坂鐔は、家康公の江戸入城に伴い、寛永年間に金工が山城国京都より江戸に移住し、赤坂に住したためこの名がついております。作風はまさに尾張鐔の力強い出来に京透かしの優美さを併せたデザインに、さらに鉄味も優れていたことから大い […]

1 / 212