商品詳細

越後國義光作 昭和五十八年八月吉日

大野義光刀匠の太刀です。義光刀匠は国宝「山鳥毛写し」など、卓越した技量を誇る現代屈指の名工です。

本作は昭和58年の作で、文化庁長官賞を受賞された年にあたり、翌年「山鳥毛写し」を完成させるなど、まさに最盛期の作品です。姿は反り深く、猪首風の切先が特徴的で、古名刀の太刀姿です。作風は備前一文字を彷彿とさせる重花丁子が華やかで、まさに大野丁子の面目躍如です。内外共に特注で造られた、名工の入念作をご覧下さい。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
75.0cm 2.8cm 0.75cm 3.45cm 0.5cm 2.4cm

現代刀 新潟 無鑑査  白鞘、拵付 150万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時