商品詳細

濃州住亀井昭平作 昭和四十九年五月日

亀井昭平の刀です。昭和2年生まれで、岐阜県指定重要無形文化財の丹羽兼延の門です。刃物の町として有名な関市を代表する刀工の一人でもあります。また、その作刀はよく物斬れするといわれて、切味にも定評があります。

本刀は身幅が広く長寸で迫力があり、肌は板目に柾が入りよく詰んでいます。刃紋は湾れに尖り心の互の目が目立ち、相州風の大乱れの刃紋でよく沸づいています。拵えの状態も良好で、手持ちも良いので居合刀としてとてもお勧めできる刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.2cm 1.8cm 0.8cm 3.3cm 0.55cm 2.4cm

現代 岐阜 拵入り 42万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時