商品詳細

宮城昭守 昭和五十六年二月日

宮城昭守刀匠は、本名を宮城真一といい、大正14年12月6日に生まれ、宮城県白石市に在住されていらっしゃいます。昭和15年、宮城守国氏に学び、同年、栗原彦三郎昭秀先生の日本刀鍛錬伝習所に入門します。昭和18年には日本刀展覧会に出品し金賞を受賞し、 さらに昭和19年に陸軍軍刀展覧会で会長賞を受賞されています。 昭和45年7月には作刀承認を受け、同年、同門の人間国宝である宮入行平刀匠について学び、その後独立されております。昭和46年 第7回新作名刀展にて入選を受賞、 以後、奨励賞3回、優秀賞2回、 努力賞6回を受賞します。 昭和58年には宮城県白石市無形文化財に指定されています。その他、日本美術刀剣保存協会の宮城県支部長、全日本刀匠会東北北海道支部長などを歴任され、昭和63年11月には宮城県教育功績者、平成15年には地域文化功労者として文部科学大臣表彰を受賞されています。

本作は身幅厚く一筋の樋をかいた素晴らしい傑作で地金は小板目良く詰んだ精良な鍛えに、匂口締まりごころに小沸がつき、小足が細かく良く入り、砂流しに沸匂が深くついおります。出来は群を抜いた最高の力量と精神を余すところなくあらわしており、新々刀期の清麿一門を見るような渾身の逸品です。 柄巻は特注の皮を巻いており、よく手になじみます。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
74.4cm 1.7cm 0.86cm 3.5cm 0.6cm 2.5cm

現代刀 宮城 拵入り 48万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時