商品詳細

無銘(伝 来國安)

来国安は来国光の子で、山城国京から後に越前に移住し「越前来」とも呼ばれます。所謂、千代鶴派の祖と言われ、御目出度い名から進物としても喜ばれました。同派では光山押型所載の貞治年紀の国行や熱田神宮の次郎太刀などが知られます。

本刀は来映りという沸映りが一面に顕われ、見事に冴えた刃が美しい一品です。本作は来一派の特徴が顕著に顕われており、時代的には後醍醐天皇が鎌倉幕府討幕に動き出した南北朝時代初期の作刀です。

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.9cm 1.7cm 0.85cm 2.9cm 0.6cm 1.85cm

南北朝時代 越前 特別保存刀剣 白鞘 125万円

この商品に関するお問い合わせは0480-58-0224

定休日:毎週水曜日  店舗休業日:毎週火曜、水曜日
営業時間: 午前10時~午後6時