商品一覧


大和伝の優作!

備州三原住正奥作

詳細

室町後期 備後 保存刀剣  白鞘 45万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.4cm 0.90cm 0.71cm 2.95cm 0.50cm 1.86cm

本造り庵棟、磨上茎。 中直刃、浅く湾れて喰い違い刃交じりややほつれる。匂い口やや締まり心に小沸つく。小足、葉よく働く。金筋、砂流しかかり、明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景入り白気風の映り立つ。備後国三原一門、大和伝の代表工。

大特価

備州長船祐定作 永禄二年十二月日

詳細

室町後期 備前  白鞘 拵付き 78万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.7cm 2.7cm 0.8cm 3.24cm 0.51cm 2.15cm

本造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりややザングリと肌立ちよく練れ詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り、淡く乱れ映り立つ。刃紋は小互の目、肩落ち互の目、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。匂い足、葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。

村正一派、千子

勝吉(千子)

詳細

安土桃山 伊勢 保存刀剣 白鞘、拵付 68万円

刃長36.4cm 反り0.6cm 重ね0.71cm 元幅3.1cm

本造り三ツ棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じり、喰い違い刃交じる。匂い口、フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、足入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気映り立つ。村正後代、千子正重の門。寸延び短刀、珍重な新刀期平打ち。出来良し。

俗名入りの注文作

伯耆國住道祖尾勘介広賀作之 天文十年八月吉日主小野与一左衛門尉

詳細

室町後期 伯耆 特別保存刀剣 白鞘、拵付 85万円

刃長35.8cm 反り0.2cm 重ね0.6cm 元幅2.9cm

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、柾交じりよく練れよく詰む。地沸厚くつき淡く映り立つ。刃紋は湾れに互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。飛び焼き、湯走りかかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。

相州彫見事!

相州住廣次

詳細

室町末期 相模  特別保存刀剣 白鞘 68万円

刃長19.4cm 反り 反りナシ 重ね0.59cm 元幅2.05cm

平造り庵棟、うぶ茎。 表は直調子、ほつれて飛び焼きかかる。裏は互の目丁子乱れ。匂い口フックラと小沸よくつく。刃縁に細かな金筋絡み、砂流しかかる。匂い口、明るく冴える。板目肌、柾目交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り白気映り立つ。表に行の剣龍巻、裏に凡字の彫刻。相州廣光の門、廣次。

織田信長公の抱え鍛冶

若狭守氏房   天正二年八月日

詳細

安土桃山 美濃 特別保存刀剣  白鞘、拵付 105万円

長さ31.4cm 反り 0.3cm 重ね 0.53cm

平造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ白気風の映り立つ。
刃紋は互の目丁字、尖り心の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足葉働く。
刃中に金筋よくかかり、砂流しかかり匂い口明るく冴える。初銘兼房、初代氏房。黒呂青貝散塗鞘小刀拵付き。

相州物

相州住國次

詳細

室町後期 相模 特別保存刀剣 白鞘、拵付き 85万円

刃長55.9cm 反り1.0cm 重ね0.63cm 元幅3.27cm

平造り庵棟、うぶ茎。互の目に丁子交じり、焼き高く華やか。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ映り立つ。相州國次。

初代肥前忠吉、最上作にして最上大業物

武蔵大掾藤原忠広(初代忠吉)

詳細

江戸初期 肥前 特別保存刀剣 白鞘、拵付 250万円

刃長 反り 元重 元幅
40.3cm 0.90cm 0.75cm 3.12cm

長巻直し造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、湯走り飛び焼きかかる。匂い深く小沸よくつく。匂い足盛んに入り、葉働く。金筋稲妻かかり、砂流し頻りにかかり明るく冴える。小板目肌に柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り沸映り立つ。表に独鈷付剣、裏に護摩箸と凡字の彫刻。初代肥前国忠吉。新刀最上作、最上大業物。

大特価

備前国住長船源兵衛尉祐定作 元亀三年二月吉日

詳細

室町後期 備前  重要刀剣  白鞘  680万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.7cm 2.40cm 0.66cm 3.30cm 0.54cm 2.50cm

本造り庵棟、うぶ茎。 広直調子、湾れて互の目交じり、小丁子交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足盛んに入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり匂い口明るく見事に冴える。板目に杢交じりよく練れよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。与三左衛門の子、出来見事。第33回重要刀剣。

山城大掾藤原国包 寛永四年十月吉日

詳細

安土桃山 陸奥  重要刀剣 白鞘、拵付き 1200万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
70cmcm 1.3cmcm 0.69cm 2.9cmcm 0.68cm 2cmcm

本造り庵棟、うぶ茎。中直刃に湾れ、小互の目交じり喰い違い刃交じる。匂い口フックラと小沸見事につく。小足葉よく働き、刃縁に金筋よく絡み、砂流しかかり明るく冴える。柾目肌よく詰み、地沸微塵に厚くつく。細かな地景顕われ、淡く映り立つ。大和國保昌一派の子孫という。初代國包。