商品一覧


宮入昭平

詳細

現代 長野 保存刀剣 白鞘 180万円

刃長24.3cm 反りナシ 元重ね0.6cm 元幅2.39cm

平造り庵棟、うぶ茎。 湾れに互の目交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。足よく入り葉働く。刃縁に金筋絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌に杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。宮入昭平、現代刀を代表する名工。

「今虎徹」

筑州住小宮四朗作之 國光 皇紀二千六百二年三月日

詳細

昭和初期 福岡 保存刀剣 拵入 78万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.1cm 1.6cm 0.77cm 3.46cm 0.6cm 2.15cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口締り心によく沸づく。湯走り飛び焼きかかり、足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。初代小宮四朗國光。

買得品

濃州関住兼門

詳細

昭和初期 岐阜  拵入り 18万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.1cm 1.6cm 0.66cm 3cm 0.5cm 2.08cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口ややフックラと沸づく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋絡、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り白気風の映り立つ。

特価

北越住山上昭久  昭和壬子年八月日

詳細

現代刀 新潟 拵入り 43万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.8cm 1.4cm 0.75cm 3.38cm 0.57cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。飛び焼きかかり、足入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。本名は山上重次、栗原昭秀門。陸軍受命刀工、後に笠間一貫斎繁継に学ぶ。

特価

新井一貫斉政善作  平成元年三月日

詳細

現代 埼玉 拵入り 29万円

刃長 反り 元重
70.5cm 2.0cm 0.71cm

本造り庵棟、うぶ茎 小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。
刃紋は湾れに互の目、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。小足、葉働き、刃中金筋かかる。
僅かに砂流しかかり明るく冴える。新井善市、岩槻市住。表裏に棒樋の彫刻。黒呂塗鞘打刀拵入り。(1035g)

売却

一貫斉源友宏作  昭和六十一年八月日

詳細

現代刀 東京 拵入 43万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.7cm 1.5cm 0.7cm 3.12cm 0.6cm 2.25cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、浅く湾れて小互の目交じる。匂い口ややフックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足よく入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、地景入り沸映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。刃長二尺四寸三分、昭和六十一年作。出来優れる。重さ1160g。

一文字写し、出来見事!

寛造 昭和五十九年四月吉日(慶雲直弘)

詳細

現代刀 埼玉 白鞘 45万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.5cm 2.00cm 0.76cm 3.30cm 0.55cm 2.24cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、やや逆がかり華やか。匂い口ややフックラと小沸つく。湯走り飛び焼きかかり、小足、葉盛んに働く。刃中に金筋かかり、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、細かな地景顕われ映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。慶雲直弘、平成五年作。本名、小島寛。直胤門人、直弘の五代目。

名古屋の名工

尾張長久手住椎魯斎橘清兼(花押) 昭和甲寅歳二月吉祥日

詳細

現代刀 愛知  拵入り 48万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
71.8cm 1.9cm 0.73cm 3.3cm 0.52cm 2.2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、二重刃交じり尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。昭和四十九年作、出来優れる。重さ1035g

肥後國住赤松太郎兼嗣兼裕合作 平成二十七年初春

詳細

現代 熊本 白鞘 拵付き 58万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.6cm 2cm 0.7cm 3.3cm 0.5cm 2.47cm

本造り庵棟 うぶ茎 小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕れ淡く映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁字、尖り心の刃交じる。匂い口締まり心に小沸よくつく。足、葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。
木村兼定。馨。父木村兼重の門。熊本伝統工芸に指定。黒呂変塗鞘打刀拵付き。

戦前の名工!

源秀明作大正十四年五月  應 松原周道氏需

詳細

大正時代 北海道 保存刀剣 白鞘 38万円

刃長22.7cm 反り0.0cm 重ね0.63cm 元幅2.47cm

平造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、逆がかり逆丁子となる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足よく入り葉働く。金筋、砂流しかかり、匂い口明るく冴える。小板目肌に柾交じり、よく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ映り立つ。堀井胤明の門、堀井秀明。