商品一覧


寛正備前の代表工

備州長船祐光 長禄三年正月吉日

詳細

室町中期 備前 特別保存  白鞘  58万円

刃長28.8cm 反りナシ 元幅2.7cm 重ね0.6cm

長巻直し造り庵棟 うぶ茎 板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕入り映り立つ。刃紋は互の目乱れ、丁子刃交じる。匂い口フックラと小沸よくつく。湯走りかかり、足、葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。表裏に梵字の彫刻。長船勝光の父、寛正備前。

刀工辞典所載品!

信濃大掾藤原忠国  貞享三年八月日 因州於鳥取作之

詳細

江戸中期 因幡 特別保存刀剣  白鞘、拵付 98万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
63.4cm 1.9cm 0.72cm 3.14cm 0.53cm 2.2cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、大房の丁子交じり焼き高く華やか。匂い深く、小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、匂い足入り葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じりよく詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景顕われ沸映り立つ。二代忠国、堀川系。日本刀工辞典所載、業物。