商品一覧


お買得品!

杉田兼高

詳細

現代刀 岐阜 拵入り 19万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.4cm 1.3cm 0.73cm 2.95cm 0.62cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに尖り刃交じり丁子交じる。匂いやや深く小沸つく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋、砂流しよくかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸つき、地景入り淡く映り立つ。

お買い得品 

大和守(伝 大和守氏次)武用刀

詳細

江戸前期 尾張 拵入 9万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.0cm 2cm 0.65cm 2.8cm 0.55cm 2cm

本造り庵棟、磨上茎。 互の目乱れ、尖り刃交じる。匂いやや深く沸づく。足葉盛んに働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり詰む。地沸厚くつき、地景入り淡く映り立つ。重さ950g。

懐剣

無銘(新々刀寿命)(兵左衛門鑑定)懐剣

詳細

江戸後期 美濃 拵入り 9万円

刃長15.4cm 反りナシ 元幅2.2cm 重ね0.7cm

平造り庵棟、うぶ茎。 湾れに小互の目交じる。匂いフックラと小沸つく。足葉働き、金筋、砂流しかかり明るく冴える。杢目肌練れ詰む。地沸厚くつき、細かな地景顕われ淡く映り立つ。幕末の合口拵入り。

現代肥前刀の名工

肥前国住一吉作 壬辰年正月日

詳細

現代刀 佐賀 拵入り 43万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
73.3cm 1.8cm 0.72cm 3.21cm 0.54cm 2.45cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れに丁子交じる。匂い深く、小沸よくつく。湯走り飛び焼きかかり、足入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、柾交じりよく詰む。地沸微塵につき、地景入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。堀井俊秀の門、一吉。平成24年作。重さ1040g

特価

「栗原昭秀」 鉄火道人昭秀 依希望以群水之砂鉄鋼造之

詳細

昭和初期 東京 保存刀剣 拵入 68万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
64.3cm 1.6cm 0.83cm 3.27cm 0.66cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、浅く湾れる。匂い深くよく沸づく。足入り葉働く。刃縁に金筋よく絡み、砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、地景よく入り鉄冴える。栗原昭秀。

「今虎徹」伝説の刀

筑州住小宮四朗作之 國光 皇紀二千六百二年三月日

詳細

昭和初期 福岡 保存刀剣 拵入 68万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
67.1cm 1.6cm 0.77cm 3.46cm 0.6cm 2.15cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口締り心によく沸づく。湯走り飛び焼きかかり、足盛んに入り葉働く。金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり見事に詰む。地沸微塵に厚くつき、細かな地景よく入り淡く映り立つ。初代小宮四朗國光。

宮城の名工

宮城昭守 昭和五十六年二月日

詳細

現代刀 宮城 拵入り 48万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
74.4cm 1.7cm 0.86cm 3.5cm 0.6cm 2.5cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。足入り葉働く。細かな金筋、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、地景入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。

買得品

濃州関住兼門

詳細

昭和初期 岐阜  拵入り 18万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
65.1cm 1.6cm 0.66cm 3cm 0.5cm 2.08cm

本造り庵棟、うぶ茎。 互の目乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口ややフックラと沸づく。湯走りかかり、足入り葉働く。金筋絡、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じり詰む。地沸微塵につき、細かな地景よく入り白気風の映り立つ。

大特価

無銘(新刀海部)

詳細

江戸前期 阿波 保存刀剣 19万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
66.8cm 1.6cm 0.58cm 2.75cm 0.42cm 1.9cm

本造り庵棟、うぶ茎。 中直刃、小乱れ交じる。匂い口ややフックラと小沸つく。小足、葉働き、細かな金筋刃縁に絡む。砂流しかかり明るく冴える。小板目肌、杢交じり詰む。地沸厚くつき、地景入り淡く映り立つ。幕末の打刀拵付き。

超特価

北越住山上昭久  昭和壬子年八月日

詳細

現代刀 新潟 拵入り 38万円

刃長 反り 元重 元幅 先重 先幅
69.8cm 1.4cm 0.75cm 3.38cm 0.57cm 2.3cm

本造り庵棟、うぶ茎。 丁子乱れ、尖り状の刃交じる。匂い口フックラと小沸つく。飛び焼きかかり、足入り葉働く。細かな金筋刃縁に絡み、砂流しかかり明るく冴える。板目肌、柾交じりよく詰む。地沸厚くつき、細かな地景入り淡く映り立つ。表裏に棒樋の彫刻。本名は山上重次、栗原昭秀門。陸軍受命刀工、後に笠間一貫斎繁継に学ぶ。